講師紹介

代表 近藤智枝

代表 近藤智枝

1966年浜松生まれ。
浜松市立高校卒業、多摩美術大学絵画科油画学科卒業
第2種教員免許
認定心理カウンセラー2級、認定アートセラピスト


代表挨拶

小さなころから絵を描くのが好きでした。
家が自営業でしたので、両親ともに常に忙しく、学校が終わって家に帰ると、ひたすら絵を描いているような子どもでした。
絵画教室に通い始めたのは幼稚園の年中さん。
年子の姉にくっつきながら教室に通いました。
小学校5年生のとき油絵を始めました。
新しい素材に戸惑いつつも、その面白さに魅かれ、益々絵を描くことが好きになった記憶があります。
中学1年生から版画家の柳澤紀子先生のもとでデッサンを学び、高校2年生の夏休みから東京の予備校に短期で通い受験に備えました。
多摩美術大学での4年間は、半具象のクラスに入り、たくさんの刺激を得た貴重な時間でした。 大学卒業後は東京の出版社に入社し、取材、レイアウト、イラストマップの作成などを経験しました。
1994年に浜松に戻り、1999年より絵画教室の講師として幼稚園やカルチャースクール、自治会館などで絵を教えてきました。
様々な場所で生徒さんと関わり、講師としての経験を重ねるにつれ、充実した『拠点』を持ちたいという気持ちが膨らみました。
それは、自分が出向く教室でなく、『アトリエ』という『拠点』。様々なジャンルの図鑑・想像力を膨らませる絵本・必要に応じて対応できる画材・折り紙…そしてなにより、生徒さんの「描きたい」気持ちを最大限に生かせる、絵を描くことを楽しめる空間。その思いが現在の教室につながっています。

2008年7月、富塚に『アトリエ・オリーブの木』を設立、2011年6月、蜆塚に移転しました。現在、幅広い年代の生徒さんに来て頂き、楽しく絵と関わっています。

大人教室のメニューに含まれるカリグラフィーは、私が大人になって出会った美しい文字芸術です。身近なメッセージから結婚式、作品作りまで、様々に楽しむことが出来ます。興味のある方はぜひお気軽にご相談下さい。

子どもから大人まで、絵画を通して成長を共に喜び分かち合える、そんなアトリエを目指して、これからもスタッフと共にがんばります。

紹介

1999年4月 浜松の絵画研究所の講師になる
2000年4月 社会保険センター「カリグラフィー教室」「こども絵画教室」講師
2001年12月 浜松「ぐみの舎」にて個展
2003年12月 浜松『マインシュロスギャラリー』にて「カリグラフィー教室」第1回教室作品展
2004年9月 東京・八重洲「ギャラリー・クボタ別館」でのカリグラフィークラス展に参加
2004年12月 浜松『マインシュロスギャラリー』にて「カリグラフィー教室』第2回教室作品展
2005年3月 東京・白山「ギャラリー・アルファ」にて個展
2005年10月 松市中区利町にアトリエ・HAP開業
2006年12月 遠鉄百貨店「ギャラリー・ロゼ」にて第3回教室作品展
2007年12月 名鉄ホテル一階ギャラリーにて個展
2008年4月 浜松市西区入野にて「アトリエ・オリーブの木 入野教室」開講
2008年7月 浜松中区富塚町にて「アトリエ・オリーブの木 富塚教室」開講
2009年3月 入野教室を富塚教室へ統合
2010年3月 第42回ユネスコジュニア世界児童画展にて優秀指導者賞受賞
2011年3月 第43回ユネスコジュニア世界児童画展にて最優秀指導者賞受賞
2011年6月 浜松市中区蜆塚に「アトリエ・オリーブの木」移転
2012年3月 第44回ユネスコジュニア世界児童画展にて優秀団体賞受賞
2012年9月 第27回パリ国際サロンドローイング・コンクール部門入選
2013年3月 第45回ユネスコジュニア世界児童画展にて最優秀団体賞受賞
2014年5月 第46回 欧美国際公募 ポルトガル美術賞展に油絵にて入選
  第46回ユネスコジュニア世界児童画展にて優秀団体賞受賞
2015年5月 第47回ユネスコジュニア世界児童画展にて最優秀指導者賞受賞

ページの先頭へ


copyright(c) Ateller Olive tree. All right reserved.

ホームページ制作/WEB制作の静岡県浜松市 ウルトラワークス